私の運命の顔合わせに対する自負をご紹介し

私の運命の顔合わせに対する自負をご紹介します。私の運命は、おそらく予期せぬ顔合わせの連続で、今日があるといっても過言ではありません。

第1の顔合わせ
身が中学校の時だ、高校生に進学する際、通路部分を嵌ることもなかったので、何一つ考えていなかったのですが、中学生の2年生になって急きょ言語に興味を持ちました。以前から、英会話を通していましたが、言語にて一段と世界の個々って会話がとりたいという心が、講話にて強くなりました。そうして、来季、新学期で担任の教員になったのが、英語の教員でした。そうして、私の成績を見て、市内の英語中心の高校生への進学はどうにか?との申し立てになり、そこを受験するようになりました。先々、最も勉強をすることもなく、サッと通路先の高校生で言語を学ぶ瞬間を得ることができました。

第2の顔合わせ
身がハイスクールのとき、一段と言語を学びたい心が強くなり、英語以外の言語を学びたいと思いました。すると、その数日あと、ホビーでやっている決戦でドイツ個々って同僚になる機会がありました。そうして、ドイツ語を学ぶ機会に恵まれた結果、ドイツ語を大学で学ぶべく、英語でですが受験した事、3つの大学を受験したのですが、一切上出来し、買える舞台になりました。先々、自分の行きたい大学へ進学し、充実した大学生活を送ることができました。

第3の顔合わせ
大学も修了間近となったとき、身は普通に就職する意向はありませんでした。何か面白いことを職種にしたいと考えていました。その頃、たまたま他人の大学から、パートの教員が講話をされていました。その講話は前年度に身が別の種目というかぶって取れなかった種目だったので、4年生の時に履修することにしました。すると、本来の講話の教員ではなく、その他人の教員が仲介に講話をすることになったそうでした。しかも、その講話は身しかおらず、従って一対一の特殊講話をさせてもらえるようになりました。その際、異科目から来られていた教員だったので、その科目のことを紹介してくれました。すると、それが身にとりまして全く楽しくもらい、こういう科目に対する把握を再び深めたいと感じるようになりました。そうすると教員は、大学院への進学を勧めてくれました。ただし、その大学院は国立の難関大学で、始めは半信半疑で話を聞いていました。ですが、私もだんだん進学狙う心が強くなり、できる限り頑張った事、見事上出来し。今近頃大学院で充実した毎日を過ごしている。
2週間で鼻の角栓を除去する

以上が私の運命の契機となった顔合わせを提示しました。これからの運命も、ちょい予期せぬ契機があるのではと至って楽しみです。